⾳質への効果

WELLFLOATを使うと、本来のスピーカーの性能を発揮出来、今まで聴いた事のない⾳に感動を覚えることでしょう。

またWELLFLOATを使う前には⾳に濁りがあったということに気づくに違いありません。

これほど具体的に効果が実証出来るオーディオ製品はありませんでした。

実際に⾳はどう変化するかと⾔うと、ひずみの低減により、⾳の輪郭が崩れず、透明感が上ります。きっと、はっとするような瞬間が現れるでしょう。低⾳は、⼩型スピーカーではより豊かな低⾳を明瞭度を損なわず再⽣し、⼤型スピーカーは不必要な低⾳は抑制され、⼤型ならではの重低⾳にきっと満⾜して頂けるはずです。⼀度お試しください。

検証可能な、わかりやすい例をひとつ。

バッハ演奏で有名なピアニスト、グレン・グールドのピアノは特殊な調律をされていたようです。

彼の平均律クラヴィーア曲集の演奏録⾳を⼀般的なスピーカー設置で聞くと、⽬⽴った調弦のうなり(ビート)もなく、綺麗に聞こえます。しかし、このウェルフロートを使うと、何もしない装置ではきれいに鳴っていた第1番C-dur(ハ⻑調)は3度と5度の重⾳で、うなりが聞き取れ、特殊な調律であったことが顕著にわかります。逆に記号のたくさん付いた第8番Es-moll(変ホ短調)⿊鍵ばかり使う曲では、うなりは感じられなくなり、感動的に美しく響きます。

それでは、次に他の演奏家の録⾳と⽐較してみましょう。

同じ曲でも、ミェチスワフ・ホルショフスキやヴァレリー・アファナシエフなど、他の⼤多数の演奏録⾳では、グールドの録⾳とは逆に反対に、第1番C-durではうなりはなく、第8番Es-mollはかなりうなりが出ているのが分かります。

このように演奏家によって調律の違いが顕著に分かるのはひずみが無くなったからです。